« MENU

並木ブログ Namiki Blog

イルカと学ぼう!~沖縄もとぶ元気村視察~

5日制アニマルクラスは、日本でも珍しい高校生から動物に関する勉強をすることができるコース。

現在はお隣のアニマルケア専門学校と提携し主に犬や猫などの小動物の飼育・トレーニング・セラピー実習や、魚などの飼育実習を行っているのですが、今度はなんと・・



イルカ!!!!!です!

今年度実施に向けて、海洋生物の飼育実習・インターンシップを行う企画がとうとう走り出しました!

実施に先駆け、本校の教頭・参与の両先生が沖縄もとぶ元気村 健康科学財団に視察にうかがいました。



南国沖縄で二人を待ち構えていたのは・・



イルカです!



いるかとの体験を通し自然の大切さを学ぶプログラムや、イルカ療法DAT(ドルフィンアシストプログラム)など、さまざまな学びの場を提供していることで知られているもとぶ村・健康科学財団。

一足先に実習を行っていたアニマルケア専門学校の生徒たちが生き生きと働いていました。



大切な仕事のひとつ、浜の清掃をする実習生たちにお話を聞く教頭先生。

毎日が新鮮でここでしかできない学びがたくさんあります、と実習生たちが眼を輝かせて教えてくれました。





サインをすればいろいろなアクションをするイルカたち。

こういったイルカとのふれあいやトレーニング実習はもちろんのこと



えさの鯵を運んだり海岸清掃をしたり、と、もとぶ元気村でのインターンシップは普段広島では体験できないことばかり。

「動物に関する仕事につきたい」と並木のアニマルコースに入ってきた生徒たちに、広島の中だけ、小動物という枠組みの中だけでなく、もっと大きな夢とともに広い視野を持って様々な体験をしてほしい・・

そんな学校の願いから生まれた沖縄・海洋生物インターンシップ。

開始に向けて着々と準備が進んでいます。

イルカとふれあう生徒たちの姿をブログで紹介できる日を、楽しみにしてくださいね!





熱血!教育実習先生



並木のいつもの光景、四時間目の後のお掃除時間。

協力し合って真面目に掃除をする生徒たち・・・

ん?なんだか一人、やけにがっちりした生徒が・・??



と、実は黒いズボンの男性は、6月の1日から教育実習に来ている本校の卒業生中田貴大くん。

現在吉備国際大学の4年生でスポーツ社会学を学んでいる中田くん、体育教諭の教員免許取得のため、実習に母校に帰ってきてくれました!

高校時代は野球部で活躍した中田君。大学でもついこないだの引退までばりばり野球をこなしていたというだけあって元気いっぱいの熱血実習生。



生徒にも気さくに声をかけてくれるので、ほんの数日ですっかり人気者の先生に!

教育実習では、いろいろな授業を見学したり、クラス担任をアシストしながら教員の仕事を実習したり、研究授業を行ったり「教員」になるためのさまざまなことを学びます。

実習期間は2週間、この数日で「先生!」と呼びかけられるのもすっかり板についてきました。

残すところあと一週間あまり、がんばれ中田先生!

似島宿泊研修にいってきました!

並木5日制新入生の登竜門・・・それが毎年行われる似島での宿泊研修です。

宿泊研修を終えると、それまでの中学校気分が抜けひきしまった表情が見られるようになる・・・というのが毎年の生徒たちの様子。

もちろん今年も元気いっぱい新入生たちが研修へいってきました!





研修の目玉は、カッター訓練です!実際に海に出る前に、声かけからオールのはこびまで、こまかなところまで事前に教えていただきながら訓練を重ねます。



実は一年生、集団でピリっと行動するのが少し苦手。新学期の初めに集団行動の練習があったのですが、そこでも落ち着きのないところを指導されたりと少し苦労した思い出が。



「声が出ない!」

「手順が違う!」

「手がそろわない!」

指導の声が飛ぶ中訓練が続きます。カッター訓練では声が出ない、手順が違う、手がそろわない、とはすなわちカッターそのものが動かないのはもちろんのこと、危険にもつながりかねません。

だんだんとこつがつかめ、手がそろうようになっても、今度は他のグループが練習している間におしゃべりをしてしまったり・・・本来はカッターの陸での訓練のあとはレクリエーションの時間を設けていたのですが、残念ながら訓練に一日かかってしまいました。

つかれきった生徒たちの楽しみ、食事の時間。

配膳係りたちが自分の担当ではないところも進んで手助けをしあったことで手際よく短時間で準備が完了。つらい訓練を一緒に一日受けたことで、1学年全員「仲間」だという意識が芽生え始めてきたのかも・・・・



そして迎えた次の日。目指すは、海です!



全員で息を合わさないと上手に進まない船の移動。後姿がこころなしか、昨日の皆の様子とは違うような・・

浜に着くと、潮の関係で元来浜のところが海になっており、海に入るのをためらう生徒がいるのではないかと思っていたのですが、実際は



濡れるのをいやがることもなくさっと海に入ると、息を合わせてオールをこぎだしました。

指導の方の姿を全員でしっかり顔を上げて見ながら、手をそろえてカッターをこぐ生徒たちのりりしい姿!昨日は出ていなかった掛け声もしっかり出ていました。



あとかたづけももちろん皆協力し合ってすすめます。

誰一人欠けることなく、みんなでひとつのことに取り組むことで、個人とは違うすばらしい力が発揮できる-

前日のつらい特訓と、この日の海での実体験で、生徒たちはそのことをしっかりと学んで研修所を後にしました。

「研修の最初は「班で話し合いなさい」っていっても、きちんと集まれずにいろいろな形で集合していた班が、帰りにはみんなきれいな円を描いて集合してたんですよ。」

と同行していた先生もうれしそうに話してくれました。

さて、研修から帰ってきてからの生徒たちですが・・

五日制の掃除の時間。以前は掃除を逃げ回ることもあった生徒たちが、お互いを助け合ったり、すすんで汚いところを見つけてきれいにしたり・・・とまるで別人のよう。

今年の似島研修も大成功!のようです。

GoGo!野球部!~試合報告~

夏の予選に向けてフルスロットルの野球部。

先週も、たくさんの練習試合を行ったので、その結果を少しだけご報告します!!

三次高校との試合では、なんと対戦相手に得点を入れるのを許さずの圧勝も!2戦中1勝1敗という結果。

広島商業高校との試合では6対2で勝利!ピッチャー乾くん完投での対戦でした。

広陵高校との試合では惜しくも負けてしまいましたが、一時期逆転もしたほどの接戦。負けながらなかなかの善戦でした。

全体的に好調な今年の野球部。予選一回戦突破に向けてのしあがり具合も順調な様子。



チーム団結、この勢いでGOGO野球部!

けいおん! 並木学院軽音楽同好会

本校に音楽同好会が発足しもうすぐ一年。並木祭やオープンスクールなどで発表をしたりといつも練習に大忙しのメンバーたち。

先週は青少年センターの音楽室を借りての練習が行われました!



ドラムなど普段学校に持って来れない楽器も交えての練習に、生徒たちもイキイキ。





全員で歌と音を合わせたりと、楽しみながらもかなり本格的な練習が進んだ二時間でした。

音楽同好会は、楽器が始めての人でも先輩が優しく指導してくれる、笑い声の耐えない楽しい同好会。

学校外だけでなくもちろん学内での練習もあり、放課後に響くさまざまな楽器の音色はまさにザ・青春。

見学大歓迎です!

生徒が主役!~ただいまパンフレット作成中~

五月晴れが続くゴールデンウィーク明け、空が高く美しいこの季節に並木で毎年行われるものといえば・・



パンフレット撮影です!

撮ってくださっているのは、毎年並木のパンフレットを手がけていただいているヴァンスタックさん。

学内での撮影の後、この日は並木のスーパーモデルたち(?!)がカメラマンわたなべさんと一緒に学校をでての撮影です。



急に「じゃぁ写真を・・」といわないのがプロのカメラマン。いろいろな場所でおしゃべりをしながらさまざまな写真を撮っていくうちに、生徒の表情がだんだんとやわらかくなっていきます。



ちょうどシロツメクサが満開、一人ずつハイポーズ!でいい笑顔を引き出していきます。



緊張がほぐれにこやかになってきた生徒たち。素敵な笑顔です!

撮影の後はすっかりカメラマンの方ともうちとけ、同行した生徒(本文中に使用している写真は、同行した生徒が撮ってくれました!)と一緒にカメラや「カメラマンとしての仕事」について質問やお話を聞いたりと、社会勉強までさせていただきました。



一時間ほどの撮影フィールドトリップでしたが、暑い中生徒たちはとてもよくがんばってくれました。

モデルの生徒の皆さん、どうもありがとうございました!また、カメラマンのわたなべさん、撮影だけでなく生徒にいろいろためになるお話までしていただき、ありがとうございました。

今年のパンフレットが楽しみです!

野球部遠征~クロスロードイン鳥栖2013

毎年5月の大型連休を利用して行われる野球部の錬成会、クロスロードイン鳥栖。

鳥栖ジャンクションに集まれ!を合言葉に行われるこの錬成会は今回で第20回目。

昨年は高校野球ドットコムの記事にも名前があがった並木,

(記事はこちらhttp://www.hb-nippon.com/news/36-hb-bsinfo/9737-bsinfo20120503002

今年も参加してきました!



過去2年の戦いぶりから判断、運営側が決定した並木の対戦相手は・・

5月3日 小倉西(福岡)

       八女工(福岡) 秋大会ベスト16

5月4日 大宰府(福岡)

      神崎(佐賀) 過去優勝校

5月5日 三井(福岡) 秋・春大会ベスト16

と、3日連続で名だたる 強豪校ばかり!!

しあがりも良い最近のチーム、もしや!とはりきって臨みましたが・・

残念ながらの全敗!さすが強豪校、と生徒たちも敗退ながらその強さに納得したようでした。



実際に試合をするだけでなく、120を超える参加校の試合を見学できるのも、この大会の素晴らしいところ。

有名校たちがどのようなプレイをするのかを間近で見ることができ、生徒たちもとても勉強になった様子。



最後は滞在先の旅館におれいの一礼をして鳥栖を後にした生徒たち。

野球野球の毎日ながら、滞在旅館でのお風呂や料理もしっかり楽しんだ野球部、休み明けには口々に遠征の話をしてくれました。

遠征も、勝ちも、負けも、すべてが野球部の血と肉になります。

もうすぐ高校野球の夏が始まります!!!

平成25年度入学式

はやいもので新学期が始まり一週間がたちました。新入生たちもやっと並木生らしくなってきました。

今年度の入学式は先週の木曜日、エソール広島にて行われました。



県内県外からたくさんのお祝いをいただいての、盛大で厳粛な入学式、104名の新入生とたくさんの保護者の方々も参列しました。



校長先生による入学許可宣言を経て、新入生たちははじめて並木生と認められました。



在校生による校歌も披露され、並木生としての第一歩を踏み出します。

入学式の後は、学校での進路や教務、生徒指導などさまざまな並木での生活についてのオリエンテーションが行われました。



手元に配られた資料を見ながら生徒たちも真剣に話を聞きます。

オリエンテーションの後は、部活動紹介です。

堅苦しかった雰囲気はがらりと変わり、ステージに登場した在校生たちに新入生たちが目を輝かせます。



音楽同好会は「蕾」という曲を披露。



イラストは手書きのイラストを見せながらの勧誘。



ところどころ英語を交えての英会話部。



野球部は、DVDによる紹介を。



なんと実演をして勧誘したサッカー部。



書を披露しながら紹介した書道部。

など、さまざまな部についての紹介に、在校生はすっかり並木でのこれからの高校生活に夢を持った様子でした。

新入生の皆さん、入学おめでとうございます。

先輩方にいろいろなことを教わりながら、充実した高校生活を送ってくださいね。

随時入試~随時出願を受け付けています

並木学院高等学校では、随時入試を行っています。



入学をご検討の場合、まずは保護者の方と学校に来ていただき、個別の学校説明をさせていただきます。この学校説明でコース・システムの詳しい説明や校内を見学していただいた後、諸書類を添えての出願、入試となります。

入試内容は

五日制     英語・数学・国語の学科試験 及び 面接

通信・二日制  面接

となります。

また、編入・転入の場合も同じ手順・内容となります。

どうぞ入学をご検討の場合は、学校にご一報いただき、学校説明の予約をお願いいたします。

ご不明な点・ご予約は0120-732-158までご連絡下さい。



カリフォルニア 語学研修にいってきました!

3月の第二週、今年度の語学研修に、本校生徒5名が旅立ちました。今回の語学研修先は



カリフォルニア! アメリカ カリフォルニア州の州都、サクラメントです!

関西国際空港からデルタ航空に乗りシアトルで乗り換えてカリフォルニア・サンフランシスコ国際空港を目指します。



入国審査は、シアトルで。生徒たち全員がアメリカははじめて。

英語での入国審査はドキドキでしたが無事完了、喜びのピース写真です。

乗り換えの間初めてのアメリカでのショッピングを楽しみ、2時間のフライトのあとサンフランシスコ国際空港に到着!

サクラメント郊外のステイ先に移動すると・・



ホストファミリーの方々が、お迎えに来てくださいました!

生徒それぞれが二人一組、または一人でホストファミリーのお宅にお邪魔し生活を共にしながら、語学のレッスンを受けます。日本からそれぞれのホストファミリーに生徒たちから手紙を送っていましたが、このときがはじめての対面。生徒たちも少し緊張気味です。



ご近所のピザ屋に移動しての説明会・ウェルカムパーティー。

初めての「ザ・アメリカンピザ」に思わず写真を撮る生徒も。

「先生、何いいよるかぜんぜんわからん・・・。」そんなことを言いながらなんとなく日本人で固まっている生徒たち。

ところがこれが数日後には・・・という話はまた後ほど。

講師のリック先生(写真)とのうちあわせのあと、それぞれの家庭に別れました。明日からは授業がはじまります!

「やっぱり家でも皆何いいよるかぜんぜんわからんかった~」と言いながら朝教室に現れた生徒たち。

教会の一室を借りた教室で、授業が始まります。



「わからん、わからん」と言いながら熱心に授業を受けます。最初は緊張気味でしたが、授業は日が進むにつれ先生にも質問ができるようになりました。

YouTube Preview Image

この日の午後は、地元の高校を訪問しました。案内してくれたのは、地元オークモント高校の生徒会。

 

いろいろな授業を見学させてもらいましたが、中には飛び入り参加させてくれた授業も・・。

YouTube Preview Image

見学の後は、並木のパンフレットを見せて今度は並木の生徒たちが並木について説明。体育の授業の「アーチェリー」や「ボーリング」の写真を見せるとオークモント高校生からうらやましい!との声が。近年危険という理由で、カリフォルニアの体育の授業はさまざまな種目が禁止されたそうです。



つたない英語なりにも現地の生徒たちと交流ができた生徒たち。そろそろ英語生活にも慣れてきたかな・・?

このころになると、「何いいよるかぜんぜんわからん・・」というお決まりのフレーズがだんだん出ないように。

実は、関西空港に向かう途中の新幹線の中で、引率教員からこんな話がありました。

「先生は、引率だけれど、通訳ではありません。どう英語で言えばいいのかはいくらでも教えるけれど、せっかくの語学研修、自分で英語を話して、いろんな人と話してみること!」

先生に頼らず、自分で英語にしようというモチベーションが、生徒たちの語学力を格段にアップさせていくのがはっきりと目に見え始めました。

午後は日替わりでさまざまなアクティビティーがありました。

使わせていただいている教会に感謝の意味をこめてのお掃除ボランティア。



教会の裏に設置されている子供用の公園などさまざまなところをお掃除。

アメリカでのボランティアがどれほど重要な助け合いの精神なのか、先生のお話を聞きながらがんばりました。

また、ショッピングモールに実地研修に出た日も!



この数日授業で学んだことをしっかり頭に入れていざ出陣!買い物も、フードコートでの注文も全部自分でやります。

アメリカのフードコートではセットランチでも何と何を選ぶか決めなくてはいけなかったり、チーズの種類やパンの種類など、日本での注文と比べると本当に複雑。全部英語で注文して食べるランチはおいしさひときわです!



サクラメント観光にも訪れました。サクラメントはカリフォルニアの州都。ゴールドラッシュからの歴史がある、古い町並みです。西部開拓当時の駅馬車など、貴重なものも目にすることができました。



授業にアクティビティー、ホームステイファミリーとの楽しい日々・・あっという間にお別れの日。

ホストファミリーが集まってのお別れ会です。



日本語と英語でお別れの歌を披露した後、生徒たちが心をこめて書いた大きなメッセージボードがそれぞれの家庭に手渡されました。



ホストファミリーの方々と涙、涙のお別れ。

「何いいよるかぜんぜんわからん・・」と言っていた生徒たちが、いつのまにかホストファミリーの「またカリフォルニアに戻っておいで!」という言葉にうなづきながら、楽しかった数日間の思い出話を英語で語り合っています。

「せっかく言葉もわかるようになってきたし、仲良くなれたのに・・帰りたくない!」

そんな声があちこちで聞こえます。



全員で記念撮影をし、短かったアメリカ・ホームステイ語学研修は終わりとなりました。

ほんの一週間の語学研修。

それでも生徒たちの英語力は目を見張るほど進歩しました。

二週間たった今でも、参加した生徒たちはアメリカでの楽しかった思い出話ばかり。

新しい家族と、新しい将来の夢を得て戻ってきた日本。

英会話を本格的に習うことにした生徒、進路に英語関係を選ぶことにした生徒・・

参加生徒たちは、今はっきりとした新しい目標を持って、生き生きと毎日を過ごしています。

10代という多感な頃だからこそ、より多くを体で感じ、学ぶことのできた素晴らしい一週間でした。

このページの先頭へ