« MENU

並木ブログ Namiki Blog

少人数制のいいところ。

並木学院高等学校の授業は少人数で行われています。少人数の授業は今多くの学校で理想とされていますが、どこがいいのでしょうか。

・まず何といっても教員の目が届く。

多くても20名程度であれば、一人一人の様子が本当によくわかります。一般的なクラスは40名程度ですから1日に担任が顔を合わせる時間は、「朝のホームルーム」「帰りのホームルーム」を合わせて20分程度。1人ずつに換算すると30秒。たったこれだけなんですね。そうやって考えると、20名になれば2倍、10名になれば4倍と、関わる時間が増えるわけです。

・その生徒について考えてあげる時間も長い。

関わる時間だけではなく、考える時間も大切。先生もそれぞれの生徒にどう指導すればいいか、考えています。その時間も長くなるわけですから、より良い指導を考えることができます。

・少人数のデメリットは?

やはり触れ合う人の数が減るというデメリットもあります。ただ、その方がいいという人も多いのも現状で、個々の考え方によってはメリットと感じる人もいるようです。

並木学院では20名程度での授業を行っています。ぜひ一度授業を見に来てみてください。いい雰囲気での授業が見られると思います。

広島県通信制高校 並木学院 の紹介

広島県にある通信制高校、並木学院高等学校は生徒の皆さんをしっかりサポートします。相談室でのカウンセリングもあり、不登校生徒も安心して通え、また通信制でも部活動を積極的に行っていますので、様々な生徒に満足していただける環境が整っています。

このページの先頭へ